MapleMかりん燈日誌

Maple Story M かりんサーバー ビショッププレイヤーによる備忘録件データ報告

カテゴリ: データ

どうもめのーんです。

まとめることも特になかったので、ブログ更新をおサボりしていました。


要塞戦の3シーズン分のログが溜まったので、投稿します。



total


以上がデータ。





1,2シーズンに関してはデータ取得を行なっていないため、ログは存在しない。
8/12における参加ギルドの出席相関と現在を比較する。要塞戦用2





9月8日11時現在の出席率は以下の通りである。

1-50位ギルド総出席数  1240人 平均値 24.8人
上位10ギルド総出席数    363人     平均値 36.3人

平均として1.12人の出席数が減少した。
また要塞戦初日の参加ギルドは92ギルドー88ギルドー88ギルドとなっている。






以上のことより、サーバー全体としてこの一ヶ月で、おおよそ150人程度人口が減少したのではないかと考える。






次節からはハイパースキルの実装により、武器だけでなく高位レベルの所属人数も重要になる可能性があるため、今後ランキングが同じように推移するとは断言できない。



しかしながら、アクティブの多いギルドが強い傾向にあることは変わりなく、どのように協力してギルド運営するかも重要であると考える。



以上


どうもめのーんです。


レベル10潜在3opの出現確率について検証しました。
ユニークに上がるまで84回かかり、うち3重複は1回出現しました。

data1

data2data3


以上が計測データ
以下総数の計算


潜在回数


3重複確率は命中で0.962%

全体では2.14%
約50回に1回程度の確率で何かしらの3重複が出現するようです。


単純計算なので、実際の数値等は不明です。






以上

 

どうもめのーんです。

全鯖における、165レベル以上のプレイヤーが所属するギルドについてまとめました。
データ上、同一人数になった際に高ランカーが上になるようにするために、ポイント差を入れた上でギルド力という形で算出しています。

本ギルド力は、あくまで所属人数の目安上のものであり、要塞戦などにおける実力の相関はありません。




8/15日23時頃計測
以下結果


1-35


36-57

66-81

103

全139ギルド418人分です。
誤字、計測ミス等は個人の計測につきご了承のほどお願いします。


以下、サーバー別所属人数
alldata2

180台 39人
176-179 47人
170-175 164人
165-169 168人

でした。
次回は月末を予定し、180台でも185-190で分けて計算する予定です。


職バランスの調整等月末のコンテンツにより、全サーバーでより活性化することを願います。



以上







 

どうもめのーんです。

要塞戦第3シーズンお疲れ様でした。


さて、かりんサーバーにおいては明確な人口減少に伴う20対20の発生率の低下を感じた。


そのような中で、ギルドの出席率と最終的なランキングにどの程度相関があるのか気になり、データを取った。
以下結果(ランキングのギルド名は隠し、順位のみ掲載しています)


 要塞戦ブログ用

図1


以上が結果である。
興味深い点としては、第一にかりんサーバーにおける上位50ギルドの総出席数は1296人であった(8/11)
またかりんサーバーにおいて初日には最低92ギルドが参加して要塞戦が行われた。


すなわち、現在かりんサーバーにおけるアクティブ人口はおおよそ2000人程度では無いかと推察される。
(サブなどを考慮するとさらに少ない可能性も大いにある)


これをどう取るかは個人次第だが、やはり私個人としては過疎化を実感する





話を戻し、本データを基に以下のように分けて平均を算出した。


要塞戦用2
図2


以上が上位50ギルドの参加平均等の表である。

全体の出席割合平均は70%(小数点以下切り捨て)であった。
所属人数平均は36.82人であり、それを超えるギルドは大きめのギルドであると言える。

また出席平均は25.92人であった。



当然の結果ではあるが、上位10ギルドの平均所属人数はマックスの50人に近い46.2人であり、参加率も36.7人とモチベーションの高さが伺える。



しかしながら、ランキングが30-50位のギルドの中にも、出席人数が30人を超えるギルドも多く存在している。




以上のことより、所属人数と出席率の全体的な傾向として、高いほど好成績を上げる可能性が高いが、完全な相関があるわけでなく、ギルドの方向性や目指す先になどによって大いに変化しうるとわかった。



ギルド活動の一つの指標として要塞戦はわかりやすい結果を提供するが、それ以外にもギルド全体で伝説の帰還を楽しんだり、青空バンケを開催したりと楽しみ方は千差万別である。


読者におかれては、自身の目的や趣味にあったギルドを見つけていただきたい。それがゲームを長く楽しむコツだと考える。



以上




 

どうも、めのーんです。
さる6月30日リリースから数ヶ月たち、諸アイテムの有用性や価値などに随分と変化が起きた。


それに伴い、私はふとアイテムの相場の変化について気になってしまった


これが間違いであり、地獄の始まりだった。
 


それから毎日、取引所をみてはデータ計測をする日々が始まった。

これが実に面倒。


取引所の各7品目を設定し昼夜に価格の最低値を毎日エクセルにまとめる作業が1ヶ月間続けた。


以下結果である。

Trade_data03



うん二度とやらない。





当初は1日2回昼夜にデータを取っていたものの1週間程度経った際にそれまで所属していたギルドの解散やリアルの活動で問題が発生し、1回に変更を余儀なくされた。


ゆえに不十分なものの、ある程度ユーザの購買行動の指標になるなぁ程度のデータになった。

また、空欄に関しては買い占めによる記録不可である。




以下は上記のデータを基にしたグラフである。


Trade_data02



Trade_data01

前半月はゴールドアップルガチャが実装されており、供給が行われていたが月の後半はコーデガチャに変更され、相場が全体的に上昇しているのがわかる。


その他細かい考察等は、当ブログをご覧いただいたプレイヤーに委ねる。


以上

このページのトップヘ